暮らし

SNSと距離を置くことにしました

スマホ

こんにちは

今日はSNSについて書いてみようと思います。

スマホ

 

わたしがツイッターとインスタに投稿し始めたのは、ブログを始めてからなので、
2019年の12月ごろになります。

 

以前はツイッターやインスタは見るだけでしたが、

 

ブログを始めたのをきっかけに、ツイッターやインスタを通してブログを見てくれる方が増えればいいなと思って始めました。

 

ツイッターとインスタを投稿し始めて半年ちょっとになりますが、SNSはあまり自分には合っていないなと感じたので、少し距離をおくことにしました。

 

SNSと距離を置く理由

Twitter

ツイッター

 

もう単純に、何をつぶやけばいいのかわからなかった。

別に深く考える必要はないし、なんでもつぶやけばいいんだと思うのですが

わたしにはそれができなかった。

 

誰か一人の人に何かを伝えたいということはあっても、限られた文字数で、不特定多数の人に言葉を伝えるということができなかった。

 

何かを伝えるという点ではブログも同じですが、ブログは文字数に制限はありません。

 

ブログを書くときは、私の持っているわずかな知識や経験が、それを必要とする人の役にすこしでも立てたらと思って書いています。

 

その意識をツイッターでは持てなかったというのが、合わなかった理由なのかなと思います。

Instagram

インスタ

 

最初は、食べた食パンを投稿していました。

 

そして自粛期間中は、ほぼ毎日朝ごはんと夜ごはんをアップしていました。

 

最初に感じたのは、インスタは反応が早いということ。

 

投稿してわずか数秒で「いいね」が返ってくることもあります。

 

「いいね」をもらえるのはすごくうれしかった。

見てくれてる人がいるんだと実感することができた。

 

そして頻繁にインスタをチェックするようになり、投稿したあと「いいね」の数を気にするようになりました。

 

この経験は、皆さん結構あるのではないかと思います。

 

わたしが投稿をするたびに、毎回りちぎに「いいね」をしてくださる方もいました。

 

「いいね」を下さった方には、わたしも出来る限り返さなくてはと必死でした。

 

フォローをしてくださる方には、私もフォローを返さなくてはと・・・

 

最初は写真だけ投稿していたんですが、そのうち写真だけではなく、何か書かなくてはと思うようになりました。

 

よく書いていたのは、夜ごはん中に見ていた映画や録画していた番組のこと。

 

たいしたことは書いていないのですが、結構時間がかかりました。

 

誰に強制されたわけでもないのになぜか、『~しなくては・・・』と勝手に思い込み

 

投稿することが次第に、楽しみからつらさに変わっていきました。

 

そのうち、フォローをするのはフォローをしてほしいから?と思うようになったり、

 

こんな映えない写真を投稿してもいいんだろうかと思い始めたり、、、。

 

完全に病にかかっていました。

 

疲れ

 

そして、これがSNS疲れということなのだと気づきました。

 

 

自粛生活が終わり、仕事が再開してから投稿数が減っていき、

 

投稿していないからもちろん「いいね」はつきません。

 

「いいね」に固執していた自分が、馬鹿みたいに思えました。

 

そうすると気持ちが楽になり、なにか解放された気がしました。

 

もっと気楽に、楽しみながらやれれば良かったのですが・・・。

 

堅苦しい性格なんです。。

 

ブログをもっとたくさんの方に見てもらいたい。

 

そのためにはSNSを活用したほうがいいのだと思います。

 

でも、わたしには合わなかった。

 

たまに投稿したり、今後また再開する時が来るかもしれませんが、いまはブログを自分のペースで更新していけたらと思います。

 

SNS疲れを感じていらっしゃる方がいたら、一度距離を置いてみることをおすすめします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
りえをフォローする
スポンサーリンク
ミニマムライフStory

コメント