片付け

物を減らすとメリットがたくさん 物が多かった昔と今を比較してみた

天秤にのせて比較する片付け

りえです。

テレビで「ミニマリスト」の特集を見たのをきっかけに、6年ぐらい前に、【たくさんの物】を捨てました。「小物」から捨て始め、「本」「洋服」「食器」最終的には「家具」まで。

「いるもの」「いらないもの」の選別にかなり時間がかかりました。「もったいない」「捨てたら困るかもしれない」など、いろいろな考えが頭の中をぐるぐる回ってなかなか捨てれませんでした。

家具を捨てる時に思ったことは、「買うのは簡単だけど、捨てるのはこんなに大変なんだ」ということ。

今思い返せば、あの経験は、物を介して、自分と向き合う時間を与えてくれた、いいきっかけだったんだなと思います。

そして、物を減らしたら、生活にメリットだらけでした。

洋服の買い方
買い物する女性

物が多かった頃

「衝動買い」が多かった。「何となく」「とりあえず」で洋服を買っていた。
「何となくよさそう」とか、「とりあえず買っとこう」そんな感じで服を買っていました。

この服、あったら「何となく使えそう」とか。そうやって買った服はたいてい着ないです。なぜなら、そのアイテムと合わせる服がないから。結局着る機会がなく、ハンガーラックにかけられたまま埃をかぶっていました。そんな服がたくさんありました。

物を減らした今

「なんとなく」「とりあえず」で服を買うことがなくなり、買うときは、かなり考えて買うようになりました。何が欲しいか、「アイテム」「色」「形」を明確にしてから買い物に行くようになりました。服を減らすと、自分が持ってる服をすぐ思いだせるので、頭の中でコーディネートしやすくなり買ったはいいけど、合わせる服がないということがなくなりました。

本の所有の仕方
本が積みあがっている

物が多かった頃

紙の本オンリー。売らずに所有。また、読み返すかもしれないと思うと、なかなか捨てられなかったです。そして、本棚が増え、部屋が狭くなっていき、埃もたまっていました。

物を減らした今

kindleの電子書籍と紙の本とを併用。読み返さないだろう本は、たまったら売りに出します。

kindle一つあれば、大きい本棚も必要ありませんし、埃がたまることもないです。

kindleでは主に実用書を購入します。何故なら、何度も読み返すから。kindleで小説も購入したことがありますが、小説は紙のほうが物語に入りやすいなと思いました。紙をめくる感覚も好きですし。本を購入する際に、紙かkindleどちらで購入するか決めます。

寝る前の読書が楽しみ kindleを購入して4年以上たちました

掃除が楽になった
ルンバ

物が多かった頃

あらゆるものに「埃」がたまっていました。本棚もそうですし、置き物にも。掃除する為に置き物を持ち上げるのが面倒で、その周りをなぞるだけ。掃除機も物がないとこだけ。

「今日はいいかな」、が多くなる。

ちょっとえぐい話をしますと、ホットカーペットをひきっぱなしで、引っ越しの時にのけたら、カビが生えていたということがありました…。あぜん…。

その部屋に住んでいた時、咳がよく出たり、鼻水が止まらなかったりしたのはそのせいでした。

これを読んで思い当たる節があったら、ひきっぱなしのホットカーペット、めくってみてください。
もしかして…です。

物を減らした今

掃除がすごく楽になりました。

紙の本はチェストの中にはいってるので埃はたまらないし、置き物もないので、掃除をするたびに持ち上げる手間がありません。普段の掃除は、無印のハンディーモップで棚の上の埃をささっととるだけです。床はルンバを使います。

めちゃくちゃ時間の短縮になります」

休みの日、掃除に時間使うのもったいないですし、面倒くさがりの私にとってはいいことだらけでした。

まとめ
手を広げた女性
  • 衝動買いしなくなったのでお金をあまり使わなくなった。
  • 本の管理が楽になった。本棚が必要なくなった。
  • 掃除がしやすくなり、時間も短縮できるようになった。

一度物を減らしてしまうと、物が増えるのが嫌になるので、すっきりした部屋がキープできますよ。

本を売る時はいつも、ブックオフの宅配買取サービスを使っています。本なら、10点以上で自宅まで取りに来て切れますし、配送料も無料、買取金額の振込手数料も無料で、お金は一切かからないというのが嬉しいです。

大量に本を捨てた時は、少しずつ何度もお店に持っていってました。宅配買取ってなんだか手続きが面倒な気がして…。

でも、1度利用してみたら簡単でした。ブックオフの宅配買取サービスを初めから使ってればよかったです。無駄な時間と労力を使ってました。

ブックオフオンライン

本日も読んで下さってありがとうございました。

コメント