食事

大号泣の『壬生義士伝』/すき焼き

目玉焼きのせパン

昼から宝塚の『壬生義士伝』見てました。
浅田次郎さん原作。
すごい好きで、舞台も3、4回観に行きました。

1時間40分ぐらいあるんやけど、開始10分ぐらいからすでに涙涙。
それからほぼ泣いてて、最後も号泣…。

貧乏侍の吉村貫一郎は、奥さんと子供3人を食べさすために盛岡藩を脱藩して、新選組に入るんです。

そこでもらったお給金は全部家族に仕送り。
それだけで泣けますやん・・・

鳥羽伏見の戦いで敗れた後、傷を負った貫一郎は、大阪の南部藩の屋敷に行って、竹馬の友で蔵屋敷差配役の大野次郎右衛門に、「故郷に帰りたい」と頼むんですけど、次郎右衛門に「腹切れ」って言われるんです。

もうここから嗚咽です・・・

戦いで使った曲がった刀やったら腹切れへんやろって、めっちゃいい刀くれるんですけど、翌日次郎右衛門が貫一郎のもとに行くと、その刀は使われてなくて、家族のためにその刀とお金を置いて死んでるんです。

次郎右衛門が、そんな刀で・・・痛かったやろ・・・苦しかったやろ・・・って・・・

いやいや、あなたが腹切れって言ったんやん、と思うでしょうが、次郎右衛門も立場というものがあるんでね・・・そこがまた泣ける・・・

コロナで自粛中の時にアマプラで、中井貴一さんの『壬生義士伝』をみて、こっちも大号泣したんですよね。

食べていくのに必死な時代やったんですよね。

買い出し

貫一郎家族が食べていくのに必死な中で、すみません、いろいろ買ってきました。

みたらし団子は、明日宝塚観に行ったときのお昼ごはん。
13時公演だから家で食べれないので、劇場の庭みたいなところのベンチで食べる予定。

朝ごはん
目玉焼きのせパン
目玉焼きのせトースト、またの名をラピュタパン。
あのち~へい~せ~ん~~♪
たまに口ずさむ大好きな歌。
昼ごはん
ご飯と味噌汁
夜ごはん
すき焼き
すき焼き。
お腹すいてたから、17時すぎに食べました。
お酒と砂糖と醤油でいい感じに味付けできた。
お肉はアンガスビーフ。
美味しかった。
うどん
〆はうどん。
これがまた美味しい!
ハーゲンダッツ
お風呂上がりのデザートは、ハーゲンダッツ。
前に、このシリーズのキャラメルを食べておいしかったから、今回は、チョコレートにしてみた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
rieをフォローする
スポンサーリンク
ミニマムライフStory

コメント