食事

幸せって?

プチバタール

ワクチンの副反応の熱もひいて、ひと安心。
腕の痛みはそのうち治るでしょう。

昨日たっぷり寝たのにまだ眠い。

朝ごはん

プチバタール

プチバタール

あまーいのが食べたかったから、いちごジャムをつけて食べました。
今日のカフェオレは、コーヒーと牛乳を半々の割合。

その日の気分とか体調で割合を変えてます。あと、牛乳の残り具合とかみて…。

以前、牛乳の廃棄のニュースありましたよね。私、豆乳よりも牛乳が好きなので、捨てるんならください!って感じでした…。毎日飲んでますから。

夜ごはん

カレー

あまってるカレー食べました。サラダは朝、お皿に盛り付けておきました。
盛り付けるのも、結構めんどくさかったりするんですよね。

新しい本

『マカンマラン』読み終わったので、若林正恭さんの『ご本、だしときますね?』を読んでます。

若林さんと作家さん達の対談の本で、知らない作家さんがほとんどなんですが「タイトルってどうやってつけてるの?」とか、本が出版されるまでの裏側を、少し覗き見れたりというところが面白いです。

作家さんの頭の中、普段の生活など興味津々です。
あっという間に読んでしまいそう。

男性スタッフにいきなり「幸せを感じる時ってどんな時ですか?」と聞いてみました。
「何ですか、哲学的な話ですか?」と言っていたんですが、「んー、ごはん食べてる時ですかね…」という答え。

彼の奥さんは、手間暇かけて料理を作る人みたいなのですが、

「それは…ごはんがおいしいとかそういうんじゃなくて?」と聞くと、「おいしいとかではなくて、今日もごはんが食べれたって感じですかね」と。

すっごいわかるーと思ったんですよね。

ごはんを食べるって生きるってことですから。

そうすると、もう「生きてるだけで幸せってことですよねー」と2人で結論づけたんですけどその後、

悲しかったことや腹が立ったことって、すぐ思い出してその時の感情がよみがえってきて、のどの上のほうまで上がってきたりするのに、幸せの感情ってすぐよみがえってこなくて、その時と同じ幸せをまた感じるってないかもという話をしたんです。

「あー確かに」と彼もうなずいてました。

「どうしてなんだろう?」と、この文を書きながら考えていたのですが、悲しみとか怒りの感情って、消化できないまま自分の中に残ってるから?

反対に、幸せの感情って、その場で消化してしまうんじゃないか…なんてふと思いました。

だったら、「幸せ!」って思ったときは、めーいっぱいその感情を体中にいきわたらせてかみしめなきゃいけないなと。

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
りえをフォローする
スポンサーリンク
ミニマムライフStory

コメント