食事

山本周五郎さん/簡単朝ごはん/一汁一菜

ビゴの店のパン
さぶ』を読んでから、山本周五郎さんの作品いいなと思って、『柳橋物語』を読み始めました。
宝塚の舞台で『川霧の橋』と言う名作があり、原作が山本周五郎さん。
『柳橋物語』と『ひとでなし』の2作を合わせた作品で話は知っているので、舞台の場面を思い出しながら読んでいます。
江戸で、ひたむきに生きている人々にぐっときます。
瀬尾まい子さんの『図書館の神様』を読んでいなかったら、『さぶ』を読むこともなかったかもしれない。
『さぶ』を読んでなかったら、『柳橋物語』を読むことはなかったかも。
本が本を繋いでくれるんですよね。
朝ごはん

ビゴの店のパン

ヨーグルトに苺シロップ。簡単朝ごはん。

夜ごはん
御飯と味噌汁
お味噌汁の具材は、しめじ、小松菜、厚揚げでした。
職場の子に、お土産でごぼうのお漬物をあげたんですが、おいしくてあっという間になくなったと言ってくれたのでよかった。

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
りえをフォローする
スポンサーリンク
ミニマムライフStory

コメント